腎臓内科

 腎臓内科では、主に腎疾患(腎炎・ネフローゼ症候群、急性/慢性腎不全)、電解質異常、体液管理を要する多臓器不全などを中心に入院治療および外来管理をおこなっています。

  1. 腎炎に関しては、腎生検を行って確定診断・治療をおこなっています。また最近ではCKD(慢性腎臓病)患者さんについて、県内一円の開業医の皆さんとも連携をとって、内服指導から食事指導にいたるまで指導をさせていただいています。
  2. 腎不全に関しては、血液透析(透析導入、合併症の管理)、腹膜透析、血液浄化療法 (持続血液濾過透析、血漿交換)、など、生体腎移植ドナー管理、妊娠高血圧症候群の管理などを行っております。
  3. 電解質異常・体液管理に関しては、症例検討を行いながら各科と連携を行っています。

 腎グループのスタッフは2名で循環器内科、一般内科や、腎移植外科を含む一般外科、心臓血管外科、泌尿器科、整形外科、脳外科、精神科などと連係しながら検査・治療を行っています。

 腎疾患の診療は、スタッフ2名とスタッフの指導のもとに内科研修医が担当します。また透析・血液浄化治療は泌尿器科医師、人工透析室とともに治療を行っています。

診療受付時間
  • 新患8:20~11:00
  • 再診8:20~11:00

※予約制初診の方は紹介状・予約票をご持参ください。

病棟面会時間
  • 一般病棟15:00~19:00
  • NICU15:00〜18:00
ご意見・お問い合わせ

疾患に関するお問い合わせにつきましては、お答え致しかねますのでご了承ください。

FAX. 0985-28-1881