栄養管理科

栄養管理科 池田 直子
栄養管理科
池田 直子

 栄養管理科は安全でおいしい食事の提供ならびに治療効果の高い栄養管理をめざし、医師1名、管理栄養士10名と平成18年度より給食業務を委託した委託職員で入院中の患者さまの栄養管理を担当しています。

栄養管理科の理念

  1. 安全でおいしい食事を提供します
  2. 治療効果の高い栄養管理をめざします

食事について

 当科では、医師の指示に基づき、食事療法を必要とする患者さまには特別治療食を、食事制限のない一般の患者さまには一般食として、個々の患者さまの病状に適した食事を提供しています。

 入院中は管理栄養士がベッドサイドに訪問し、治療食の説明を行い、患者さまから直接食事についてのご意見を伺うことで、より食べやすい食事がお出しできるように努めています。

 また、食物アレルギーをお持ちの患者さまへは、アレルギー対応の食事を提供しますので、スタッフへお申し出ください。

  • 一般食
    基本食、軟食、幼児食、小児基本食、離乳食、経口流動食、嚥下食
  • 特別食
    易消化食、エネルギー調整食、ナトリウム調整食、蛋白調整食、小児蛋白調整食、カリウム蛋白調整食、脂肪調整食、貧血食

【配膳時間】 朝食:8時  昼食:12時30分 夕食:18時

地産地消の日

 日頃より地元の食材を使用し、月1回は、宮崎県産の食材を積極的に取り入れた献立を、メッセージカードを添えて提供します。

チキン南蛮

嚥下食について

 摂食・嚥下機能の低下に配慮した食事です。「日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類2013」に準拠しています。看護師、言語聴覚士と連携して患者さまの嚥下能力に適した食事を提供しています。

【学会分類コード2-2に準拠】
【学会分類コード3に準拠】

特別メニューについて

 毎週水、木、金の3日間に特別(選択)メニュー食を実施しています。
 対象の方は、一般食(基本食、軟食、小基)を提供中の患者さまです。なお、特別メニューを選ばれた場合、 別途料金が必要となります。

【通常メニュー】
【特別メニュー】

【通常メニュー】
【特別メニュー】

栄養管理について

 当科では、特別な栄養管理を必要とする患者さまに栄養管理計画を作成し、患者さまのからだの状態に応じて必要な栄養を提供できるよう努めています。

 また、検査値・身体計測値、食事摂取状況等を管理栄養士が定期的に確認し患者さまの栄養状態を評価しています。

個別栄養食事指導(入院・外来)

 治療のために、患者さま1人1人の病態に合わせた個別の栄養食事指導を実施しています。(予約制)
 必要に応じて、ご家族にもご説明します。

栄養教室

【糖尿病教室】
日時:毎週月・木 午後2時
場所:栄養相談室
内容:医師・看護師・管理栄養士による講話
【腎臓病教室】
日時:毎月第2木曜日 午後4時
場所:栄養相談室
内容:医師・管理栄養士による講話
【心臓病教室】
日時:毎月第4金曜日 午後2時
場所:5階東病棟
内容:管理栄養士による講話

エントランス相談

日時:毎月第1・3水曜日 午前10時~12時
場所:1階 相談室

栄養サポートチーム(NST)について

NSTとは、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、歯科医師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士がそれぞれの専門性を活かし、患者さま一人一人に適した栄養療法を検討するチームです。
栄養障害の改善や、経管栄養から経口摂取、経腸栄養への移行を目指し治療を進めている患者さまを対象に定期的に輸液管理、栄養摂取状況、各種検査結果、リハビリの状況等をアセスメント・評価し、早期改善に向け取り組みます。

糖尿病透析予防チーム(CKD)について

 人工透析は、日常生活に大きな負担がかかり、QOL(生活の質)の低下を招きます。糖尿病腎症が進行し透析導入に至らないよう、外来受診時に医師、認定看護師、管理栄養士で構成されたチームが介入し、生活上の注意点の確認や継続的な生活習慣の改善に取り組みます。

緩和ケアチームについて

 がんの患者さまとそのご家族の身体的・精神的苦痛を速やかに適切に緩和することを目的とし医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師、臨床心理士等で構成されたチームです。治療や療養において食事や栄養管理は大変重要です。 病棟ラウンドで患者さまの声を聞きながら、カンファレンスを重ね、症状緩和と食事の支援を行っています。

ほっとスープの提供

 玄米の香ばしさと旨味がなんともいえず”ほっ”とするやさしいスープです。
 緩和ケアの一環として、がん治療の副作用等により食の進まない患者さまが少しでも元気になられるよう、月2回提供しています。

◆材料◆ 5人分
・玄米 40g
・昆布 5cm角のもの12枚
・梅干し 1個
・水 500ml

◆作り方◆
鍋を熱し玄米をやや弱火で全体が小麦色になるまで20~25分炒る。その後、玄米、昆布、梅干し、水を中火にかける。

あなたのために-いのちを支えるスープ-
(文化出版局)レシピ参照

診療受付時間
  • 新患8:20~11:00
  • 再診8:20~11:00

※予約制初診の方は紹介状・予約票をご持参ください。

病棟面会時間
  • 一般病棟15:00~19:00
  • NICU15:00〜18:00
ご意見・お問い合わせ

疾患に関するお問い合わせにつきましては、お答え致しかねますのでご了承ください。

FAX. 0985-28-1881