今月の診療科「救命救急科」

2012.06.08

4月から救急科を回っている1年目研修医の今村直樹です。当院は三次救急の病院ですが、walk inの軽症からCPAまで幅広い患者さんを診ることができます。
今年から赴任された指導医の雨田立憲先生にマンツーマンで教えて頂いています。
雨田先生は以前沖縄の救急が有名な某病院に勤務されていたこともあり、かなり実践的な内容を勉強することができます。特に重傷患者が来たときの先生の動きが素晴らしく、まだ何もできないヒヨッコの僕からすると、まるで医療ドラマを見ているようです。
僕はもともと医療ドラマに憧れたのが医師を目指すきっかけだったので、夢が叶った感じです(笑)

実は当院には去年まで救急専属の医師がおらず、各科の医師が協力して救急外来を行っている状況でした。
現在は雨田先生が当院の救急をより良いものにしようと頑張られているので今からどんどん盛り上がっていくことでしょう。
患者さんはそこまで多くなく忙殺されることはありません。
空いた時間は雨田先生がレクチャーや手技のシミュレーションをしてくれます。また症例のフィードバックがあるので限られた症例の中でも最大限学べると思います。
研修はじめに救急を1人で回ることに決まった日はものすごく不安でしたが、看護師さんを始めとしたスタッフの皆さんがとても優しく居心地が良いです。
今はだいぶ慣れ、のびのびとした環境の中で研修させてもらっています。

指導医からのメッセージ

4月からこちらに来て救急を中心に患者さんの診察・加療および研修医の指導をしている雨田です。
元々ER型の救命救急センター勤務が長く、体制の違いに戸惑うところもあります。
研修医や学生の皆さんと一緒に患者さんのプロブレムの解決をしていくことなどは長年やっていますので現在も楽しみながら行っています。
県立宮崎病院は現時点では患者さんの数も少なく研修医の関わる症例がやや少なめですが来院患者さんの重症度は比較的高いと思います。

このため、一つ一つの症例を大切にしプロブレムを解決しながら診察したり、診療科によらず救急センター来院患者のカルテをレビューし問題点を見いだしていくシミュレーションを行っています。

これは研修医の先生にとっては大切とは思いますが、カルテを見ていきますので診療科がランダムになります。
(例:内科・外傷・産婦人科・小児科・泌尿器科など)ので少し頭の切り替えが大変かもしれません。
またこの中では診察のポイントのみならずピットフォールなども可能な限り触れるようにしています。
この中で少しずつ知識の習得ができれば実診察に生かせると思います。

今後、仲間が増え症例が増えてくればさらに充実してくると思います。

診療受付時間
  • 新患8:20~11:00
  • 再診8:20~11:00

※予約制初診の方は紹介状・予約票をご持参ください。

病棟面会時間
  • 一般病棟15:00~19:00
  • NICU15:00〜18:00
ご意見・お問い合わせ

疾患に関するお問い合わせにつきましては、お答え致しかねますのでご了承ください。

FAX. 0985-28-1881