入院中の診療

  • 入院生活や病状、治療等についておききになりたいことがありましたら、遠慮なく医師・看護師にお尋ね下さい。但し、電話による病状等のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承下さい。
  • 当院では、必要な看護はすべて看護師が行っていますが、乳幼児や患者さまの病状等により、担当医が必要と認めた場合はご家族の付き添いを認めています。
  • 付き添いを認められた方への食事及び寝具の提供はいたしません。 ( 寝具・ベッドを有料で貸し出ししております。(株)エミング0985-48-1001へ電話にて申し込みください。)

お食事

  • 症状に合ったいろいろな食事(流動食、糖尿病食、肝臓病食、腎臓病食、幼児食、ミルク等)を用意しますので、病院食以外の食べ物や飲み物は持ち込まないようにして下さい。
  • 食事代として自己負担が必要ですが、住民税非課税世帯の方等は負担額の減額制度がありますので、事前にお住まいの市町村の窓口等へご相談下さい。
  • 当院では、毎週水・木・金の3日間に一般食の方を対象に選択食を実施しております。なお、特別メニューを選ばれた方は1食あたり26円、分娩のために入院された方が選ばれた場合は24円の追加料金(実費)をいただきます。

入院時の持ち物

保険証、診察券、お薬手帳、かかりつけ医の薬、下着類、パジャマ類、洗面洗髪用具、タオル類、スリッパ、はし、スプーン、きゅうす、湯飲み、その他身のまわり品、印鑑等

  • 入れ歯のある方は紛失防止のためにも、保存容器(タッパウェアなど)をご持参ください。
  • 基準寝具(ふとん、毛布等)は病院が準備します。
  • 手術を受けられる患者さまは、使い慣れた前開きのねまき等が便利です。
  • 1階売店で病衣(手術時使用可)を有料で貸し出していますのでご利用下さい。なお、使用後は必ず病棟にお返し下さい。
    1着単価255円です。
  • 入院時に必要な私物は患者さま及びご家族にて保管・管理をお願いします。入れ歯・補聴器・眼鏡などを破損・紛失しましても当院では、責任を負いかねますので、ご注意ください。
  • 現金や貴重品は、原則としてお預かり出来ませんので、必要最低限として出来るだけお持ちにならないようにしてください。
    万一盗難・紛失等が発生しましても当院では責任を負いかねますので、ご了承お願います。
    (1階受付ロビー階段横に自動CDサービスコーナーがありますのでご利用ください)

入院の手続き・必要書類

入院の手続き

  • 入院当日に入院申込書、保険証(後期高齢者証、その他公費医療費受給資格証)、診察券をお持ちください。
  • お手続きは1階正面玄関横の入院支援センターで行います。上記のものを入院支援センター窓口にお出しください。
  • 入院された後で保険証が変わったときは、入院病棟の受付クラーク、もしくは1階医事課にご連絡ください。
  • 交通事故、労務災害等で入院される場合は、医事課へ申し出て下さい。

必要書類の提示について

入院手続きの際、できるだけ早めに次の書類のご提示をお願いします。

  1. 入院申込書(「入院のご案内」)の中に入っています。
  2. 保険証
  3. 後期高齢者受給者証
  4. 食事料の減額認定証 (非課税世帯の方で、食事料の減額認定を受けている方のみ)
  5. 限度額認定証(各保険者にて事前申請された方)

提示場所:1階総合受付案内カウンター「(11)入退院案内」食事料減額認定証、及び限度額認定証の見本 

入院後、再度保険証等のご提示をお願いすることがあります。また、毎月1回、保険証の確認をさせていただきます。
保険の変更やご住所の変更がある場合は、できるだけ早くお知らせください。
医療費支払については、高額療養費委任払い、又は現物給付払いなどの助成制度があります。
詳しくは、国民健康保険の方はお住まいになっている市町村の国保担当課へ、社会保険の方は各保険者へご相談ください。

医事課1階総合受付案内カウンター裏
受付時間平日の午前8時30分から午後5時まで