BEAMS研修(子どものSOSを見逃さないために~)

BEAMS in 宮崎の開催について
~こどものSOSを見逃さないために私たちができること~

BEAMSとは・・・

日本子ども虐待医学会が医療従事者等向けに開発した虐待対応プログラムです。
医療機関以外の方でも、普段、子どもに関わりがある方や虐待の防止に関心をお持ちの方であればどなたでも参加できる研修会です。皆様の参加をお待ちしております。

1 当日のプログラム

プログラム名日時受講方法主な対象者定員等※参加費
Stage111/19(土)
15:00~16:00
WEB(zoom)
又は会場
虐待の防止に関心のある方 等WEB:90名
会場:70名
無料
Stage211/19(土)
16:15~17:45
会場医療関係者
行政機関関係者 等
会場:70名330円
(資料代)

2 プログラムの概要

Stage1: 虐待に気づく”きっかけ”を学ぶ
Stage2: 虐待された子どもの医療所見、保護者への対応方法等

3 日時・場所

  • 日時 令和4年11月19日(土) 15時~
    (会場・オンラインとも受付:14時30分~)
  • 場所 県立宮崎病院1階 講堂(宮崎市北高松5-30)
    ※当日は病院駐車場も利用可能です。詳細は、参加決定者の方へ送信する電子メールを御覧ください。

4 参加申込方法等

参加希望の方は、以下のURLをクリックするか、2次元バーコードをスマートフォン等で読み込んだ上で、電子申請システムからお申込みください。

https://shinsei.pref.miyazaki.lg.jp/NGzm7xrL

申込み〆 令和4年11月8日(火)17時
ただし、定員に達し次第、上記よりも前に締め切る場合があります。

5 WEB参加の注意点等

  1. stage1はWEB(ZOOM)での受講が可能です。
  2. また、1台の端末から複数台の方が受講可能です。
    1台の端末で複数の方が受講する場合、申請は必ず1名の方が行ってください。
  3. 受講証については、お申込みのあった方で、かつ希望のあった方にのみ送付します。

1台の端末で複数の方が受講した場合でも、受講証はお申込みのあった方に対してのみの送付となりますので、御注意ください。

6 その他

  1. 感染症などの感染状況によっては、当研修の中止又は会場での受講を中止する場合があります。当HPで最新の状況を確認してくださるようお願いします。
  2. BEAMS研修については、日本子ども虐待医学会(BEAMS)ホームページ(https://beams.childfirst.or.jp/)も参考に御覧ください。
  3. 取得した個人情報については、県こども家庭課及び県立宮崎病院が主催するイベントの案内などに利用させていただく場合があります。

令和3年度 宮崎県立宮崎病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

1. 年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 945 267 207 403 610 740 1446 2006 1198 301

高齢化社会を反映して、70歳代の患者さんの割合が全体の24.7%を占め、次いで60歳代の患者さんが全体の17.8%、80歳代の患者さんの割合が全体の14.7%を占めております。また、当院には、周産期センターや小児病棟があるため、10歳未満の患者さんについても全体の11.6%を占めております。

2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 71 3.00 2.65 0.00 67.25  
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 66 2.73 3.30 3.03 71.89  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし 47 8.40 9.07 0.00 67.60  
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 46 3.43 3.94 0.00 54.24  
130030xx99x5xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2-5あり 36 17.11 19.92 0.00 71.61  

呼吸器内科、リウマチ膠原病内科、感染症内科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、血液内科、消化器内科、腫瘍内科等の専門分野の診療を行っています。
令和3年度において、大腸の良性腫瘍に対する内視鏡的切除術をはじめ、肺癌に対する生検や化学療法、乳がんや悪性リンパ腫に対する化学療法の症例が多く見られました。また、当院は感染症指定医療機関であり、新型コロナ感染症の受け入れもおこなっています。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 56 19.54 17.35 10.71 82.18  
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 55 3.62 3.06 1.82 67.67  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 26 10.77 10.24 3.85 78.42  
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1-なし、1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 24 12.38 11.87 0.00 61.25  
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 24 8.92 4.36 0.00 73.21  

心血管疾患に対して、内科的治療、外科的治療について最善の治療方法を提供しています。
令和3年度において、心不全の治療をはじめ、狭心症の心臓カテーテル検査、不整脈へのペースメーカー移植術・交換術、急性心筋梗塞や狭心症に対する冠動脈ステント留置術の症例が多く見られました。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
180030xxxxxx0x その他の感染症(真菌を除く。) 定義副傷病-なし 95 5.39 10.47 0.00 1.14  
100380xxxxxxxx 体液量減少症 46 3.28 10.66 0.00 4.63  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 43 5.56 6.24 0.00 2.21  
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2-なし 42 4.86 3.83 0.00 1.26  
010080xx99x0x0 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2-なし 33 6.30 7.31 0.00 2.45  

日常的な疾患から、専門的分野に属する疾患に至るまで幅広く対応しています。病棟には保育士も常駐しています。
令和3年度において、ウイルス感染症、腸炎や嘔吐症に伴う脱水症、気管支喘息、熱性けいれん、髄膜炎等に対する治療が多く見られました。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1-なし 137 12.18 10.15 0.73 60.91  
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 112 11.49 10.47 1.79 71.71  
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 69 5.10 5.88 0.00 62.29  
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 58 9.53 9.21 18.97 76.69  
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 定義副傷病-なし 22 19.86 15.76 4.55 70.91  

乳腺、呼吸器、消化管等の様々な分野の手術を行っており、侵襲の少ない胸腔鏡や腹腔鏡での手術を積極的に行っています。腎移植も行っており、多くの腎不全患者さんのニーズに応えられる体制が整っています。
令和3年度において、乳がんの乳腺悪性腫瘍手術、肺癌の胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術、胆管炎や胆管結石の結石除去術や胆道ステント留置術、大腸がんの腹腔鏡下結腸悪性腫瘍手術の症例が多く見られました。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 117 22.62 25.32 88.03 81.68  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病-なし 45 8.98 4.99 22.22 49.44  
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 40 17.23 19.34 87.50 79.68  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 30 28.20 20.63 43.33 67.37  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 21 24.81 23.02 33.33 75.52  

骨折・脱臼・靱帯損傷などの外傷や関節リウマチ、骨粗鬆症性疾患等、多岐にわたる疾患・傷病の治療にあたっています。転院率も高く、他医療機関と連携し、術後のリハビリ体制を整えています。令和3年度において、大腿骨頚部・転子部骨折や前腕骨折の骨折観血的手術、胸椎圧迫骨折の治療、変形性股関節症や変形性膝関節症の人工関節置換術の症例が多く見られました。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 24 18.54 18.90 91.67 73.54  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 13 13.23 9.78 53.85 71.23  
010200xx01x00x 水頭症 水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 10 24.90 20.18 70.00 74.10  
010040x199x0xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 10 23.90 22.42 70.00 78.40  
010040x099010x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-あり 定義副傷病-なし 24.91  

脳腫瘍や脳出血、脳動脈瘤、くも膜下出血をはじめ、もやもや病などの脳血管障害、頭部外傷に加え、三叉神経痛や顔面けいれんなどの機能的疾患、脊椎脊髄疾患、水頭症等の治療を行っています。
令和3年度において、脳出血、頭部外傷によるくも膜下出血、水頭症等の症例が多く見られました。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2-なし 26 10.35 11.06 7.69 75.00  
050161xx97x1xx 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2-1あり 12 24.83 29.08 66.67 62.67  
050163xx97x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 8.16  
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 16.85  
050080xx0101xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-1あり 21.93  

令和3年度において、胸部・腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術や大動脈瘤切除術、心臓弁膜症への弁形成術や弁置換術の症例が多く見られました。また、狭心症への冠動脈バイパス移植術等の手術や下肢静脈瘤に対する下肢静脈瘤血管内焼灼術も行っています。

小児外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 64 3.00 2.78 0.00 3.78  
11022xxx01xxxx 男性生殖器疾患 精索捻転手術等 23 3.00 3.77 0.00 3.35  
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 12 5.92 5.40 0.00 9.83  
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの等 9.75  
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 2.99  

令和3年度において、鼠経ヘルニアに対する腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術、急性虫垂炎の腹腔鏡下虫垂切除術、停留精巣の停留精巣固定術の症例が多く見られます。また、日常疾患のほかにも、周産期に見つかる先天性疾患、急性腹症などの救急疾患等多岐にわたる疾患の治療を行っています。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし 140 4.88 4.34 0.00 64.37  
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2-なし 100 3.76 3.05 0.00 39.79  
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 89 5.36 6.13 10.11 0.00  
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-5あり 定義副傷病-なし 58 5.17 4.23 0.00 68.79  
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2-なし 47 12.26 11.55 0.00 56.72  

令和3年度において、子宮体がんや子宮頸部癌に対する化学療法、子宮頚部高度異形成等の疾患に対するレーザー照射治療や子宮頚部(膣部)切除術、早産児又は新生児の低血糖や黄疸の治療、卵巣がんの化学療法、子宮癌に対する子宮悪性腫瘍手術の症例が多く見られました。地域周産期母子医療センターの役割も担っており、新生児科と連携し、正常分娩からハイリスク分娩まで幅広く対応しています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 74 3.01 2.71 1.35 73.36  
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 17 3.06 4.83 0.00 74.71  
020130xxxxxxxx 原田病 14.97  
020320xx99xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術なし 8.86  
020220xx01xxx0 緑内障 緑内障手術 濾過手術 9.47  

眼科全般(白内障、緑内障、網膜疾患、角膜疾患、翼状片、霰粒腫、麦粒腫といったものもらい、眼窩疾患、眼外傷、子供の屈折異常検査、未熟児網膜症、など)に対応しています。他の診療科と連携しながら、全身疾患と関連した眼疾患や、全身状態に注意が必要な方の診療にもあたっています。
令和3年度において、白内障の水晶体再建術、原田病、眼窩の炎症の治療、緑内障に対する緑内障手術の症例が多く見られました。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 28 7.79 7.03 0.00 55.57  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 22 7.86 7.84 0.00 24.73  
03001xxx0100xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 20 19.55 13.07 5.00 66.45  
030300xx01xxxx 声帯の疾患(その他) 喉頭・声帯ポリープ切除術等 20 3.80 4.48 0.00 69.85  
03001xxx99x60x 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-6あり 定義副傷病-なし 16 4.19 9.32 0.00 73.13  

令和3年度において、耳下腺腫瘍に対して耳下腺腫瘍摘出術、慢性扁桃炎の口蓋扁桃摘出手術、頚部リンパ節転移に対する頸部郭清術、咽頭腫瘍に対する咽頭腫瘍摘出術、中咽頭癌に対する化学療法等の症例が多く見られました。
耳・鼻・咽喉(のど)及び頚部の疾患をはじめ、一般耳鼻咽喉科医院では治療ができないような悪性腫瘍疾患の診療をメインに行っています。

脳神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし 34 18.91 15.63 61.76 70.38  
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 22 11.23 7.22 22.73 64.82  
010080xx99x0x1 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2-なし 22 16.77 16.74 18.18 48.64  
010110xxxxx4xx 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2-4あり 21 16.14 16.11 9.52 59.62  
010060×2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病-なし 13 17.15 15.57 84.62 71.77  

脳梗塞、脳炎・髄膜炎、末梢神経障害、筋疾患、筋委縮性側索硬化症等の治療を主に行っています。
令和3年度において、脳梗塞の治療やリハビリ、てんかんの治療、髄膜炎、慢性炎症性脱髄性多発神経炎やギラン・バレー症候群の治療の症例が多く見られました。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1-なし 23 15.30 13.07 0.00 63.35  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2-なし 19 9.84 7.68 0.00 76.68  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1-なし 12 5.67 4.01 0.00 45.42  
080190xxxxxxxx 脱毛症 12 3.67 3.36 0.00 37.58  
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 12.25  

日常的な疾患から、熱傷、外傷、褥瘡、重症薬疹、蕁麻疹などの緊急性のある皮膚疾患にも柔軟に対応しています。
令和3年度において、蜂巣炎の治療、皮膚の悪性腫瘍の切除術、良性腫瘍の摘出術、脱毛症や熱傷の治療の症例が多く見られました。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 51 2.41 2.50 1.96 72.51  
110070xx03x20x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2-2あり 定義副傷病-なし 34 8.44 6.86 0.00 75.88  
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1-なし 定義副傷病-なし 27 7.63 5.56 3.70 70.74  
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病-なし 17 10.53 7.16 17.65 70.94  
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 15 13.07 13.14 20.00 80.47  

おもに、尿路悪性腫瘍(前立腺癌、膀胱癌、腎癌、精巣腫瘍など)、尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石)、前立腺肥大症、尿路感染症、尿路外傷などの診療を行っています。令和3年度において、前立腺癌の生検、膀胱腫瘍の化学療法、尿管結石や腎結石の結石除去術や経尿道的尿管ステント留置術、尿路感染症や腎盂腎炎の症例が多く見られました。

救命救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 43 5.26 8.30 13.95 63.51  
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 35 1.94 3.70 8.57 47.66  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 29 4.00 9.78 10.34 70.34  
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 14 5.79 9.25 35.71 73.71  
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 10 3.30 6.45 10.00 77.30  

救急対応、教育・研修、災害医療の3つを柱に活動しています。ドクターカーの運用による病院前診療にも積極的に関わっており、ドクターヘリによる救急搬送患者の受け入れも行っています。令和3年度において、脳震盪や急性薬物中毒、外傷性くも膜下出血等の頭部外傷、胸骨骨折や肋骨骨折等の胸部外傷、熱中症の症例が多く見られました。

総合診療科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 18 8.61 13.14 22.22 80.06  
100380xxxxxxxx 体液量減少症 10 6.60 10.66 40.00 87.10  
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 20.57  
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2-なし 19.22  
180030xxxxxx0x その他の感染症(真菌を除く。) 定義副傷病-なし 10.47  

様々な重症度と主訴で来院される内科患者の初期診断・入院加療を行っています。
病棟において、ICU患者では救命救急医と連携をとり、特定の臓器に関わる疾患では臓器別専門医と連携をとりながら診断・治療を行っています。
令和3年度において、尿路感染症や急性腎盂腎炎、脱水症、誤嚥性肺炎、敗血症、細菌感染症等の症例が多く見られました。

新生児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 13 6.69 6.13 7.69 0.00  
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2-2あり 28.14  
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 11.01  
060570xx99xxxx その他の消化管の障害 手術なし 7.24  
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2-1あり 20.86  

域周産期母子医療センターとして、24時間体制で未熟児・新生児医療を行っています。産院からの新生児搬送だけでなく、他の高次医療施設から自宅退院を目指す児の受け入れも行っています。令和3年度において、低出生体重児の管理、新生児の嘔吐症や呼吸器疾患、先天性心疾患の症例が多く見られます。

3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 21 40 17 1 8
大腸癌 11 36 52 11 1 8
乳癌 80 68 41 87 21 1 8
肺癌 19 12 56 107 150 64 1 8
肝癌 15 2 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌分類において、肺癌、乳癌の症例が多くを占めています。
定期的にカンファレンスを開催し、多職種とのチーム医療を実践し、患者さん一人ひとりに向き合いながら診療に取組んでいます。
また、がん治療の拠点病院であり、県内の様々な医療機関と連携して診療を行っています。

4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 15 11.33 78.60
重症 22 14.55 81.05
超重症
不明 50 12.98 77.68

中等症の患者さんが全体の44%を占めています。肺炎リスクの高い、70歳以上の患者さんが多く受診されています。

5. 脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 114 21.21 74.85 62.28
その他

急性期の脳卒中の症例にも対応できる体制を整えています。他医療機関と連携し、リハビリテーションがスムーズに進むように取り組んでいます。

6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 66 1.74 10.67 1.52 65.09  
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 58 0.64 1.57 0.00 68.40  
K654 内視鏡的消化管止血術 48 0.44 11.33 14.58 75.10  
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術 内シャント造設術(単純なもの) 30 7.87 23.10 6.67 65.20  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 17 0.41 2.53 0.00 66.88  

令和3年度において、化学療法のためのポート設置、大腸ポリープの内視鏡的切除術、胃潰瘍や消化管出血への内視鏡的止血術、透析のためのシャント設置術を多く行っています。内視鏡的に切除不可能な消化管悪性腫瘍に関しては当院外科、放射線科、化学療法科医師や大学病院等と連携しながら治療を行ないます。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 23 4.91 6.61 4.35 70.52  
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 19 0.00 15.21 5.26 62.11  
K597-2 ペースメーカー交換術 13 1.46 7.46 0.00 77.62  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの) 12 0.42 10.50 8.33 64.92  
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他のもの)  

令和3年度において、狭心症や急性心筋梗塞に対する冠動脈ステント留置術、不整脈のペースメーカー移植術・交換術やカテーテルアブレーション治療を多く行っています。心臓血管外科と連携し、あらゆる心血管疾患に対して、内科的治療、外科的治療について最善の治療方法を提供するよう努めています。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 15 0.13 1.73 0.00 1.20  
K597-2 ペースメーカー交換術  
 
 
 

令和3年度において、おもに腸重積の非観血的整復術を多く行っています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 73 1.59 8.45 1.37 61.07  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 70 1.33 3.01 0.00 62.61  
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 69 1.58 9.84 0.00 70.81  
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 34 1.21 11.06 0.00 59.21  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 31 0.77 8.19 3.23 71.97  

令和3年度において、乳癌の乳腺悪性腫瘍手術、肺癌の胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術、膵頭部癌や胆管癌に対して内視鏡的胆道ステント留置術を多く行っています。その他にも、食道癌や胃癌、大腸癌の手術も行っています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 76 2.61 20.26 81.58 78.99  
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 55 1.76 25.73 40.00 71.44  
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 49 2.69 18.61 89.80 81.27  
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 42 2.88 14.93 54.76 53.88  
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(前腕、下腿) 29 1.14 2.86 0.00 49.55  

令和3年度において、上肢や下肢の骨折の骨折観血的手術、変形性股関節症や膝関節症の人工関節置換術を多く行っています。
また、脊椎疾患の手術も多く行っています。転院率も高く、術後のリハビリのための転院が多くみられます。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K1742 水頭症手術(シャント手術) 16 9.06 16.44 62.50 64.19  
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 12 1.08 9.83 33.33 77.50  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)  
K1781 脳血管内手術(1箇所)  
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下)  

令和3年度において、水頭症のシャント手術、慢性硬膜下血腫の硬膜下血腫穿孔洗浄術、脳動脈瘤の頸部クリッピング術や脳血管内手術、急性硬膜下血腫の血腫除去術を多く行っています。また、脳腫瘍の摘出術や脳血管内手術も行っています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 22 1.68 7.45 9.09 74.27  
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 18 2.67 7.61 5.56 71.39  
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上)  
K5601ニ 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(上行大動脈 その他のもの)  
K6147 バイパス移植術(その他の動脈)  

令和3年度において、腹部大動脈瘤のステントグラフト内挿術、狭心症の冠動脈バイパス移植術、急性大動脈解離に対する大動脈瘤切除術、閉塞性動脈硬化症の血管バイパス術を多く行っています。また、心臓弁膜症や下肢静脈瘤等の手術も行っています。

小児外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 89 1.00 1.00 0.00 3.76  
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 12 0.67 4.25 0.00 9.83  
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)  
K836 停留精巣固定術  
K666-2 腹腔鏡下幽門形成術  

令和3年度において、鼠径ヘルニアの腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術、急性虫垂炎の腹腔鏡下虫垂切除術、停留精巣の停留精巣固定術、先天性肥厚性幽門狭窄症の腹腔鏡下幽門形成術を多く行っています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 64 1.00 2.70 0.00 43.67  
K879 子宮悪性腫瘍手術 53 2.17 13.91 0.00 59.47  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 48 1.25 3.92 0.00 40.96  
K867-4 子宮頸部異形成上皮レーザー照射治療 39 0.05 1.00 0.00 35.64  
K861 子宮内膜掻爬術 35 0.26 1.40 0.00 56.71  

令和3年度において、子宮頸部異形成の子宮頸部(膣部)切除術やレーザー照射治療、子宮癌の子宮悪性腫瘍手術、卵巣腫瘍の子宮附属器腫瘍摘出術、子宮内膜癌に対する子宮内膜掻爬術を多く行っています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 88 1.00 1.02 1.14 73.55  
K241 眼球摘出術  
K2821イ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(縫着レンズを挿入するもの)  
K2683 緑内障手術(濾過手術)  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)  

令和3年度において、白内障の水晶体再建術や、緑内障手術を多く行っています。

耳鼻咽喉科・頭頸部外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 30 1.07 6.17 0.00 34.20  
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 23 1.78 1.09 0.00 70.70  
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 13 7.77 35.46 15.38 69.31  
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(浅葉) 13 1.69 6.54 0.00 56.31  
K4691 頸部郭清術(片側)  

令和3年度において、慢性扁桃炎の口蓋扁桃手術(摘出)、喉頭腫瘍の喉頭腫瘍摘出術、耳下腺腫瘍の摘出術、頚部リンパ節転移の郭清術等の手術を多く行っています。また、頭頸部悪性腫瘍手術、慢性副鼻腔炎の手術やアデノイド切除術等も行っています。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 16 0.88 8.13 0.00 76.81  
K013-21 全層植皮術(25平方センチメートル未満)  
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2センチメートル以上4センチメートル未満)  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6センチメートル以上12センチメートル未満)  
K753 毛巣洞手術  

令和3年度において、皮膚悪性腫瘍の切除術、皮膚潰瘍の植皮術を多く行っています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶液利用) 49 2.18 5.78 4.08 77.51  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 36 0.22 7.44 16.67 73.53  
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 22 2.27 4.27 0.00 68.73  
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) 11 1.64 5.64 0.00 65.18  
K775 経皮的腎(腎盂)瘻造設術  

令和3年度において、膀胱癌の膀胱悪性腫瘍手術、腎盂腎炎や水腎症の経尿道的尿管ステント留置術、尿管結石の経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの)、膀胱結石の摘出術を多く行っています。

7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

 

 

 

 

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 12 0.15
180010 敗血症 同一 44 0.54
異なる 28 0.34
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 42 0.52
異なる

敗血症は感染によって全身に炎症が起こる重篤な状態です。当院は三次救急医療を担っており、敗血症の状態で緊急入院される症例も多く見られます。手術・処置等の合併症とは、術後の出血や感染等の合併症、透析シャントの閉塞、人工関節の脱臼等を言います。各診療科、各部門と連携し、合併症の発生の予防に努めています。

更新履歴

– –

会計年度任用職員の募集について(看護師)

当院では、令和4年11月から採用する会計年度任用職員を募集します。
詳しくは、募集案内をご覧ください。
なお、募集案内は、院内掲示板やハローワークにも掲載しています。

募集職種は以下のとおり(申込書は下にあります)

  1. 看護師(臨床検査科)

申込書

受験に関する問合せは、募集案内の応募方法の連絡先にお問い合わせください。

気管支内視鏡検査(EBUS-TBNA/EUS-B-FNA)によるリンパ系腫瘍の診断に関する因子の検討のための後ろ向き研究

宮崎県立宮崎病院 呼吸器内科では、下記の臨床研究を実施しています。皆様には本研究の趣旨をご理解頂き、ご協力を承りますようお願い申し上げます。

研究課題名

気管支内視鏡検査(EBUS-TBNA/EUS-B-FNA)によるリンパ系腫瘍の診断に関する因子の検討のための後ろ向き研究

1. 研究の概要

リンパ系腫瘍は全身のリンパ組織が腫脹し様々な症状を呈する血液疾患です。リンパ系腫瘍の診断では腫大したリンパ組織を十分量採取することが必要となります。しかしまれに縦隔領域のみを中心にリンパ節が腫大してリンパ系腫瘍が疑われる場合があります。このような場合には体表からの採取は困難であり、気管支内視鏡を用いたリンパ節針生検を必要があります。経気管支的なアプローチで行う EBUS-TBNA では経気管支から超音波で腫大したリンパ節を確認し針生検を行いますが、処置中の咳嗽が出血、呼吸状態によ ってはリンパ系腫瘍の診断に十分量の検体を採取することが困難な場合があります。最近では経食道的にアプローチを行う EUS-B-FNA が登場しました。経食道的に検査を行うことで処置中の咳嗽が抑えられ、その結果穿刺回数が増え、結果的に検体を多く採取することができ、リンパ系腫瘍の診断につながる可能性が高くなっている可能性があります。これまでにリンパ系腫瘍を疑う症例に対して実施したEBUS-TBNA,EUS-B-FNA の検査内容を検証し、その穿刺回数や診断率、気管支鏡による合併症の有無、リンパ系腫瘍治療の可否を検証することでリンパ系腫瘍の気管支鏡検査での診断に関連する因子や有用性を明らかにすることを目的とします。

2. 目的

当院でリンパ系腫瘍が疑われ気管支鏡検査(EBUS-TBNAまたはEUS-B-FNA)を行った症例について後方視的に解析・検討することでリンパ系腫瘍の診断における気管支鏡検査の診断に関連する因子やその有用性を確認し日常診療に生かしたいと思います。

3. 対象者

当院にて2010年からこれまでにリンパ系腫瘍が疑われ気管支鏡検査(EBUS-TBNA またはEUS-B-FNA)が行われた症例が対象です。

4. 方法

対象となる方のカルテ情報から年齢、性別、基礎疾患、検査内容、診断の有無、検査による合併症、診断結果、予後などの情報を利用させて頂き、情報の解析を行います。

5. 個人情報の保護・外部への試料・情報の提供

データについては病歴、年齢、性別および血液・生理・画像検査データを取り扱いますが、対象となる方の個人を同定できる情報は一切使用しません。

6. 費用負担

この研究を行うあたり、対象となる方が新たに費用を負担することは一切ありません。

7. 利益及び不利益

この研究にご参加いただいた場合の利益・不利益はありません。参加を拒否された場合でも同様です。

8. 研究成果の公表

この研究で得られた研究成果を学会や医学雑誌等において発表する場合があります。この場合でも個人を特定できる情報は一切利用しません。

9. 参加拒否したい場合の連絡先

この研究に参加したくない(自分のデータを使ってほしくない)方は下記連絡先へ遠慮無く申し出てください。また、参加拒否をしたい場合は2023年3月31日までに申し出てください。

10. 疑問や質問があった場合の連絡先

この研究に関して疑問や質問があった場合は下記連絡先へ遠慮無く連絡をお願いいたします。

連絡先

宮崎県立宮崎病院 呼吸器内科 姫路大輔
0985-24-4181 (代表)

会計年度任用職員の募集について(管理栄養士)

当院では、令和4年10月から採用する会計年度任用職員を募集します。
詳しくは、募集案内をご覧ください。
なお、募集案内は、院内掲示板やハローワークにも掲載しています。

募集職種は以下のとおり(申込書は下にあります)

  1. 管理栄養士

申込書

受験に関する問合せは、募集案内の応募方法の連絡先にお問い合わせください。

外来診療時の付き添い者数の制限について【患者様へのお願い】

現在、県内では、爆発的に新型コロナウイルスの感染が拡大しており、「医療非常事態宣言」が発令されている状況です。

このため、来院される患者様及び院内スタッフへの感染拡大を防止することを目的に、当面の間、外来診療を受診される患者様への付き添いは、原則1名とさせていただきます。
(※御事情がある場合には、この限りではありません。)

当院としては、今後も通常どおり診療を継続し、県民の皆様へ良質な医療を提供してまいりますので、皆様の御理解と御協力をいただきますようお願いいたします。