頭頸部がん患者の食べることに影響する主観的症状の出現と看護介入の実態~A病院入院患者における放射線療法と化学放射線療法の比較~(宮崎県立宮崎病院倫理審査承認番号20-57)

宮崎県立宮崎病院看護部では、下記の臨床研究を実施します。
皆様には本研究の趣旨をご理解頂き、ご協力を承りますようお願い申し上げます。

研究課題名

  • 頭頸部がん患者の食べることに影響する主観的症状の出現と看護介入の実態~A 病院入院患者における放射線療法と化学放射線療法の比較~(宮崎県立宮崎病院倫理審査承認番号20-57)

1. 研究の概要

 頭頸部がん放射線療法を受ける患者さまの食べることに影響する有害事象が生じた場合、看護経験などの看護師の個人的要因から差が生じないよう、一貫したケアの提供を検討する必要があります。また、食べることは患者さんの意思に基づく自発的な行為であるため、症状に合わせた看護介入は必須といえます。

 そこで、頭頸部がん放射線療法を受ける患者さまに対する看護実践をより良いものとするため、本院6 東病棟において、放射線療法もしくは化学放射線療法を受けた患者さまの診療録と看護記録を対象とした看護研究を行います。

2. 目的

 本研究の目的は、放射線療法及び化学放射線療法を受けた頭頸部がん患者さまの食べることに影響する主観的症状の出現とそれに伴う看護介入の傾向を明らかにし、食べることに対する看護実践の示唆を得ることです。

3. 対象者

 2016年4月から2018年5月までの期間、本院6東病棟において放射線療法及び化学放射線療法を受けた頭頸部がん患者さまの診療録と看護記録が対象となります。

4. 方法

 対象となる方の診療録と看護記録から、疾患、年齢、化学療法の内容、総放射線量、胃瘻造設の有無、主食・副食の摂取量、口腔内乾燥の有無、味覚障害の有無、嘔気嘔吐の有無、口腔咽頭粘膜炎の自覚症状の程度、口腔咽頭粘膜炎に伴う痛みの程度、の情報を得て統計的に分析します。

5. 費用負担

 この研究を行うにあたり、対象となる方が新たに費用を負担することは一切ありません。

6. 利益及び不利益

 この研究にご参加いただいた場合の利益・不利益はありません。参加を拒否された場合でも同様です。

7. 個人情報の保護

 研究にあたっては、対象となる方の個人情報を容易に特定できないように、数字や記号などに置き換え、「匿名化された試料・情報」として使用いたします。

8. 研究成果の公表

 この研究で得られた研究成果を国内の看護系学会誌で論文発表を行うことにより公表します。この場合、個人を特定できるデータは公開しません。

9. 参加拒否したい場合

 この研究に参加したくない(自分のデータを使ってほしくない)方は、2021年7月31日までに下記連絡先へ遠慮無く申し出てください。学会等で公表後は途中辞退することができない場合もあります。

10. ご質問や疑問

 この研究に関して疑問や質問があった場合は下記連絡先へ遠慮無く連絡をお願いいたします。

連絡先

宮崎県立宮崎病院:0985-24-4181(代表)
担当者:看護部 6東病棟 原田 裕美

会計年度任用職員の募集について

当院では、令和3年4月から採用する会計年度任用職員を募集します。
詳しくは、各職種の募集案内をご覧ください。
なお、募集案内は院内掲示板やハローワークにも掲載しています。

募集職種は以下のとおり(申込書は下にあります)

  1. 看護師・助産師(フルタイム)募集案内
  2. 看護師・准看護師(パートタイム)募集案内
  3. 看護師(夜勤専従)募集案内
  4. ナースエイド(夜勤なし)募集案内
  5. ナースエイド(夜勤あり)募集案内
  6. ナースエイド(ヘルパー)募集案内
  7. 行政職補助業務募集案内

申込書

受験に関する問合せは、募集案内の応募方法の連絡先にお問い合わせください。

令和3年度採用 卒後臨床研修医(医師)募集について(最終)

応募資格

医師国家試験合格者または令和2年度医師国家試験合格見込みの者。また、他病院にマッチングしていない者及び他病院から内定を得ていない者

募集定員

研修実施施設

基幹型臨床研修病院 県立宮崎病院
協力型臨床研修病院県立日南病院 ※宮崎県立病院群フェニックスプログラムのみ
県立延岡病院 ※宮崎県立病院群フェニックスプログラムのみ
髙宮病院(精神科) ※宮崎県立病院群フェニックスプログラムは除く
美郷町国民健康保険西郷病院(地域医療)
椎葉村国民健康保険病院(地域医療)
宮崎大学医学部附属病院 ※宮崎県立病院群フェニックスプログラムは除く
臨床研修協力施設国民健康保険西米良診療所(地域医療)
小林市立病院(地域医療)
串間市民病院(地域医療)
済生会日向病院(地域医療)
隠岐広域連合立隠岐島前病院(地域医療)

研修期間

2年間

採用方法

採用内定者には、別途通知します。

試験内容

小論文(事前提出)及び面接

面接実施日

応募状況により決定します

面接会場

県立宮崎病院

応募方法・締切

(1) メールでお申し込みください。
応募締切日(メール):令和3年3月16日(火) 午後5時

◆メール申込必要事項

  1. 氏名
  2. ふりがな
  3. 年齢(満○歳)
  4. 在籍・出身大学
  5. 電話番号
  6. 希望する研修プログラム

(2) メール申込みがお済みの方は、応募書類を提出してください。
提出方法:履歴書兼申込書、小論文を持参または郵送にて提出
書類提出締切日:令和3年3月19日(金)必着

提出書類

履歴書兼申込書指定様式(最終)(PDFファイル)
指定様式(最終)(Wordファイル)
小論文 800字以内、テーマは
 (1)めざす医師像について
 (2)インフォームドコンセントについて
 (3)「地域医療」について考えるところ(地域医療に関することであれば題名は自由)
のいずれか
・様式は自由です。原稿用紙でない場合は、字数を記入してください。

申込・書類提出先及び募集に関するお問い合わせ先

〒880-8510 宮崎県宮崎市北高松町5番30号
宮崎県立宮崎病院 医事・経営企画課 池野
電話(0985)24-4181(内線3999) FAX(0985)28-1881
E-mail:ikeno-takuya@pref.miyazaki.lg.jp

電気設備の年次点検に伴う救急患者の受入停止について

 当院では電気事業法の規定に基づく電気設備の年次点検を行うこととしております。この点検作業においては、院内の電気の供給が制限されることに伴い、十分な救急診療体制を確保することが困難となるため、下記の時間帯において救急患者の受入れを停止します。

 大変御迷惑をおかけしますが、御理解・御協力いただきますようお願いいたします。

1. 受入停止時間

  • 令和3年3月7日(日) 午前10時から午後5時まで

2. お問い合わせ先

  • 宮崎県立宮崎病院 救命救急センター
    電話(代表)0985-24-4181

【令和3年2月1日から】初診加算料及び再診加算料の改定等について

当院が地域医療支援病院の承認を受けたことに伴い、令和3年2月1日より、初診加算料及び再診加算料(選定療養費)が下記のとおりとなります。

    現行 改定後
初診加算料 医師による場合 3,055円 5,093円
歯科医師による場合 1,833円 3,055円
分べん等 2,778円 4,630円
再診加算料 医師による場合 2,546円
歯科医師による場合 1,527円
分べん等 2,315円
  • 選定療養費:保険医療機関相互間の機能分化・連携を更に推進するため、200床以上の地域医療支援病院では定額負担(初診5,000円以上(歯科は3,000円以上)、再診2,500円以上(歯科は1,500円以上))の徴収が義務化されました。
  • 初診加算料は他の医療機関等からの紹介なしに受診された場合にかかります。(救急車で来院された方、国の公費負担制度の受給対象者等は除きます)
  • 再診加算料は当院から他の医療機関に対して、紹介を行う旨の申し出を行ったにも係わらず、当院を受診された場合にかかります。

 地域医療支援病院とは、医療は患者に身近な地域で提供されることが望ましいという観点から、かかりつけ医を地域における第一線の医療機関と位置付けるとともに、他の医療機関との適切な役割分担と連携を図っていく必要があります。このような観点からかかりつけ医を支援し、二次医療圏単位で地域医療の充実を図るために設けられた病院です。

 また、当院では、入院医療費の計算をDPC(診断群分類別包括評価)方式に基づいて計算しております。地域医療支援病院の承認に伴い、医療機関別係数が「0.0307」増加するにあたり、令和3年1月より、患者様負担の1日あたりの入院料が約3%増額となります。

物品搬入業者等の皆様へのお願い

当院に来院される際は、以下のことをお守りください。

  1. 来院される前に事前に検温し37.5℃以上の発熱のある方は来院をご遠慮ください。
  2. マスクの着用、来院時の手指消毒を徹底してください。
  3. 社員証等、身分の分かるものを身につけてください。
  4. 入館時は受付簿に必要事項を記入してください。
  5. 感染流行地域からの来院はご遠慮ください。

院内感染防止のためです。ご協力をお願いします。

日本における新型コロナウイルス感染妊婦の実態把握のための多施設共同レジストリ研究に対するご協力のお願い

研究代表者 神戸大学大学院医学研究科産科婦人科学分野 教授 山田 秀人
県立宮崎病院 研究担当責任者 副院長 嶋本 富博

 このたび、日本産婦人科学会 周産期委員会 周産期における感染に関する小委員会 の事業として下記の医学系研究を、日本産科婦人科学会倫理委員会臨床研究審査小委員会の承認ならびに理事長の許可のもと、倫理指針および法令を遵守して実施しますので、ご協力をお願いいたします。
 この研究を実施することによる、患者さんへの新たな負担は一切ありません。また患者さんのプライバシー保護については最善を尽くします。
 本研究への協力を望まれない患者さんは、その旨を診療を受けた施設までお申し出下さいますようお願いいたします。

1 対象となる方

 西暦2020年1月1日より2023年3月31日までの間に、妊娠中に新型コロナウイルスに感染したと診断された方

2 研究課題名

  • 承認番号 103 (受付番号2020-5)
  • 研究課題名 日本における新型コロナウイルス感染妊婦の実態把握のための多施設共同レジストリ研究

3 研究実施機関

  • 代表研究機関
    神戸大学大学院医学研究科外科系講座産科婦人科学分野(研究代表者:山田秀人)
  • 主たる協力研究機関
    横浜市立大学附属病院 産婦人科 研究分担者:宮城悦子
    富山大学 学長 研究分担者:齋藤 滋
    日本大学医学部小児科学系小児科学分野 研究分担者:森岡一朗
    日本大学医学部病態病理学系微生物学分野 研究分担者:早川 智
  • 新型コロナウイルスに感染妊婦を診療した全国の産科、周産期、新生児診療施設

4 本研究の意義、目的、方法

 2019年末に発生した新型コロナウイルス(severe acute respiratory syndrome coronavirus 2: SARS-CoV-2)による新しい感染症である新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は全世界に拡散し、2020年3月11日にWHOはパンデミックを宣言、感染者の増加に対し、日本国政府も2020年4月7日に新型コロナウイルス非常事態宣言を発出しました。妊婦の感染予防対策、ならびに胎児・新生児への母子感染の可能性があるため、周産期管理法の確立は産婦人科医と新生児科医にとって喫緊の課題です。新たに出現した感染症であるため、妊婦感染のリスクと胎児新生児への影響について科学的エビデンスが乏しいのが現状です。妊婦以外の集団でも感染率や重症化率の報告は国や地域によりかなりの差があります。我が国における、妊娠中に新型コロナウイルスに感染した妊婦の頻度と重症度、感染妊婦からの出生児のうち、先天性新型コロナウイルス感染の頻度と症状および重症度は明らかでありません。また、どのような臨床症状、検査所見が先天性感染のリスク因子となるかは不明です。
 本研究では全国多施設研究として、妊娠中に新型コロナウイルスに感染した妊婦さん(新型コロナウイルスRNAが陽性ないし特異的IgG、IgM陽性の方など)の臨床情報を収集し、解析を行います。我が国における妊娠中の新型コロナウイルス感染の頻度と重症化の要因、先天性感染の頻度と重症度など、妊娠に関わる新型コロナウイルス感染の実態を明らかにし、妊婦感染と母子感染の予防のための対策を講じること、ならびに周産期管理指針を作成することを目的とします。
 匿名化された情報を代表研究期間において集積し、主たる協力研究機関と共に情報の解析を行います。
 研究成果が学術目的のために論文や学会で公表されることがありますが、その場合には、患者さんを特定できる情報は利用しません。

5 協力をお願いする内容

本研究に用いる試料・情報の種類は以下の通りです

  • 母体の基本情報:診断時年齢、妊娠歴、既往歴など。体重、身長、その他の身体所見
  • 母体検査所見
  • 血液学的検査:白血球数、ヘモグロビン、血小板数、白血球分画など
  • 生化学的検査:肝機能、腎機能、CRP、免疫グロブリン、補体など
  • 凝固線溶系検査
  • 血清学的検査:新型コロナウイルスIgG、IgMなど
  • ルーチンの妊娠初期・中期採血検査
  • 画像検査:胸部X線検査、胸部CTなど
  • 母体の新型コロナウイルス感染症の治療に関する情報:
    使用薬剤、呼吸器管理法、経皮的酸素飽和度の推移など、呼吸に関する症状
  • 妊娠期結:流産、早産、分娩様式、出血量、週数、産科異常、妊娠合併症など
  • 出生児・死産児の情報:
    体重・身長・頭囲、アプガースコア、臍帯血pH、炎症所見、
    コロナウイルス感染の有無と症状
    母体血、唾液、羊水、臍帯血、胎盤、児の鼻咽頭拭い液または吸引液などを用いた検査の結果
    胎盤の病理学検査結果

6 本研究の実施期間

 西暦2020年9月2日〜2024年4月30日

7 プライバシーの保護について

 本研究で取り扱う患者さんの情報は直ちに識別することがすることができないよう、対応表を作成して管理します。収集された情報や記録は、インターネットに接続していない外部記憶装置に記録し、神戸大学大学院医学研究科産科婦人科学分野の研究室の鍵のかかる保管庫に保管します。

8 お問い合わせ

 本研究に関する質問や確認のご依頼は、下記へご連絡下さい。
 また本研究の対象となる方またはその代理人(ご本人より本研究に関する委任を受けた方など)より、情報の利用や他の研究機関への提供の停止を求める旨のお申し出があった場合は、適切な措置を行いますので、その場合は診療のために受診された施設へのご連絡をお願いいたします。なお、同意を取り消した時、すでに研究成果が論文などで公表されていた場合には、結果を廃棄できない場合もあります。

照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先

県立宮崎病院 産婦人科
TEL: 0985-24-4181
FAX: 0985-28-1881

研究代表者・研究責任者

神戸大学大学院医学研究科産科婦人科学分野 山田秀人
日本産科婦人科学会事務局
TEL: 03-5524-6900
FAX: 03-5524-6911
Email: nissanfu@jsog.or.jp

専攻医の募集

専攻医登録(応募)のスケジュールが発表されました。
詳しくは日本専門医機構のホームページをご覧ください。

専攻医応募(登録)スケジュール

【一次募集】

令和2年11月4日(水)正午~11月16日(月)正午登録・応募期間
令和2年11月18日(水)正午~11月27日(金)正午面接・採用検討期間
令和2年11月30日(月)正午採用結果通知

【二次募集】

令和2年12月1日(火)正午~12月14日(月)正午登録・応募期間
令和2年12月16日(水)正午~12月24日(木)正午面接・採用検討期間
令和2年12月25日(金)正午採用結果通知

二次募集までに専門研修先が決定しない場合

令和3年1月6日(水)正午~1月22日(金)正午最終調整期間

※登録前 に、下記問い合わせ先に、所属、氏名、希望プログラムをメールでご連絡ください。
※一つのプログラムしか登録できません。(登録期間中の変更は可能)

プログラム内容

問い合わせ先

〒880-8510 宮崎市北高松町5番30号 県立宮崎病院 経営企画担当 池野
電話(0985)24-4181 FAX(0985)28-1881
E-mail:ikeno-takuya@pref.miyazaki.lg.jp

11月1日から「整形外科」「歯科口腔外科」「小児外科」が新患完全FAX予約となります

この度、本院では、コロナ感染対策の密を避ける対策として、また患者さんの待ち時間を短縮し、サービス向上と病診連携強化を充実させるため、令和2年11月より「整形外科」「歯科口腔外科」「小児外科」において地域の医療機関からのFAXによる初診予約制を実施することとなりました。また、来年1月1日から対象診療科を拡大する予定です。

つきましては、当院へ患者さんをご紹介いただく場合、医療機関からあらかじめ診療予約と紹介状が必要となります。(患者さん本人からの予約は取り扱っておりませんのでご留意願います)お手数をおかけ致しますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

尚、急患患者については、従来通り外来への直接相談対応をいたします。
ご不明な点は、FAX予約窓口へ連絡をいただけると幸いです。 

会計年度任用職員の募集について【看護職等】

地方公務員法の改正に伴い、令和2年度から新たに会計年度任用職員制度が導入されます。
県立宮崎病院では、令和2年度に採用する会計年度任用職員を募集します。
詳しくは各職種の募集案内をご覧ください。

募集職種以下のとおり(申込書は下にあります。)

  1. ナースエイド(ヘルパー)募集案内

申込書

受験に関する問合せは、募集案内の応募方法の連絡先にお問い合わせください。